原子力発電所での設置
原子炉格納容器内大型弁への取付け
原子炉格納容器内大型弁へのユニハンドラー取付けは、「フレキシブルシャフト」を使用し「手動-電動切り替えレバー付きアタッチメント」をセットして設置完了となります。
さらに駆動本体と接続する側の「開度計付き操作台」をまとめて設置する事でフレキシブルシャフトのポテンシャルがフルに活かされ一ヶ所での集中操作が可能となり省力・低コストに貢献します。
新設プラントに限らず既設プラントの手動弁改造にも最適なプランでお応えします。
手動遠隔操作
小口径弁の場合は手動での遠隔操作も可能です。4B以下の小口径弁を対象とし、隔離された場所での操作に適しています。
操作トルクが大きい弁の場合は専用アタッチメントを使用する事で適正操作トルクが得られ、手動ハンドル操作が軽く出来るようになります。

ページのトップ